【地方競馬】7/8(水) 第22回 ジャパンダートダービー

こんにちは。本日は午後、入職前の健康診断を受けに行ってまいります。通勤時間が結構かかるので早起きをしなければならないのに、ここ数日変な時間に昼寝をしたり、良質な睡眠が取れていない上に朝のアラームでは起きれずにいます。困ったものです。

プライベートな話はこの辺にして、いよいよ南関牡馬クラシックも最終戦ジャパンダートダービーの日を迎えました。私の思い出は第1回のオリオンザサンクスとあと少しで2着に敗れたハッピースプリントです。

7/8(水) 大井で第22回 ジャパンダートダービー(Jpn1) 20:05発走予定が行われます。南関牡馬クラシック最終戦でありながら中央交流重賞とハードルはかなり高いものとなっています。

中央からはアメリカンファラオ産駒のカフェファラオ。新馬、ヒヤシンスS、ユニコーンSとここまで3戦すべて1番人気に応え連勝中。先行しても差しても良しと隙を見つけるのが難しいですが大井ナイターと2000mは初めてですから適性は分かりませんよ。

バーナードループは新馬こそカフェファラオに負けたものの、その後3連勝中。前走兵庫チャンピョンシップもダノンファラオに競り勝ち重賞制覇を果たしています。こちらはロードカナロア産駒。

ダノンファラオは兵庫チャンピョンシップ2着後の鳳雛Sで14着に大敗。これまでの戦績からも一線級とは言いづらいところがあります。継続騎乗の坂井瑠星騎手を背にどこまで前進できるでしょうか。こちらもアメリカンファラオ産駒。

その鳳雛Sを1番人気に応えて勝利したのがミヤジコクオウ。重賞への挑戦は今回が初めてになります。ここまで右回りをずっと使ってきた強みは出るかもしれません。ダートの幸騎手が鞍上は心強い点です。こちらはヴィクトワールピサ産駒。

鳳雛Sで2着後、2勝クラスの特別戦で古馬と闘い1番人気2着から参戦はエスケンデレヤ産駒のダイメイコリーダ。この春、人気に関係なく大活躍の池添騎手に手が戻ります。この馬がハナに行く展開もあるかもしれません。

南関東からは東京ダービー馬エメリミットが挑みます。東京湾カップ2着から9番人気と下位人気ではあったものの強烈な末脚で外から襲い掛かるマンガンをギリギリ抑え込んでの初重賞がダービー制覇。鞍上の山口騎手も初重賞制覇でした。強敵だらけではありますが悔いのないレースを期待したいと思います。こちらはシンボリクリスエス産駒です。

最後に東京ダービーを無念の競争除外となったブラヴール。羽田盃から2か月半ほど間隔は空きましたがそれが良い影響を与えてくれることを願っています。本橋騎手を鞍上におそらく追い込み一手で上位を狙ってくるのではないでしょうか。話題にもなって皆さんご存じのセレン産駒です。

投稿者: NAOSHI YAMADA

はじめまして。webページ作成はど素人なので悪戦苦闘しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。